動画投稿あれこれ

暇だったので投稿した動画の本数を数えたところ、マイリストに登録していない動画を含め24本あった。
平均すると月に1本くらい作っている計算となる。

動画投稿するとなると、録画と編集で6~8時間ほど使うので、休日に作業した場合、丸一日とは言わないけど、それに近い時間が潰れてしまう。

うちの会社の年間休日が120日くらいだったと思うので、休日の10%に満たないくらいのリソースを動画に割いていることになる。

そう考えると、趣味としてはそれなりに時間のかかる趣味だと思う。

ブログと違ってニコニコ動画への投稿は広告収入が発生するわけでは無いので、完全に手弁当の作業である。

何事もメリット(純粋に楽しいだとか、お金が増えるだとか)があるから続くわけなので、もちろん動画投稿を続けることにも利益がある。

一番大きいメリットは、視聴者からデッキリストやプレイングに対してコメントを頂けることだと思っている。

Twitterでも動画投稿やリストの投稿は出来るけど、ニコニコ動画に投稿した場合、コメントすることが前提のサービスとなっているため、Twitterに比べるとコメントをもらえる確率も高い。

とくにニコニコ動画の特性上、流れているシーンに対してコメントを頂けるので、どのシーンに対してのコメントなのかわかりやすい。

唐突な自分語りだが、自分のマジックライフはもっぱらMOまたはMTGAが大半を占めていて、リアルのMTGは月に1回、大学時代の仲間の家に遊びに行った際に遊ぶくらいで、しかも基本的にはリミテッドで遊んでいるので、構築はあんまりやっていないというのが実情だ。

そうなると、MOで黙々と遊んでいるだけでは自分の成長はあまり無いし、なにかアイデアを閃いたときにも共有する手段が無いと寂しくなってしまう。

そういった状況を打破するのには動画投稿はうってつけなので、もし動画を作ろうかどうか悩んでいる人がいたら、とりあえず作ってみると良いと思う。

MTGの動画であれば、新人囲いヤクザのぐら様などが、どこからともなく補足してくださるので、他のジャンルに比べたら、知らない人に見てもらう敷居は低いと思う。

もちろんブログやTwitterでも問題は無いと思うのだけど、そのどちらも長くやっている自分の一意見としては、動画制作はかなりコスパが良い、気はする。

この辺りは人にもよるだろうけど、承認欲求を満たしたい、誰かに何かを言ってほしい!という人にもうってつけだと思う。

たまに承認欲求を満たされなくて、攻撃的になってしまう人がいらっしゃるようだけど、攻撃的な人のそばに多くの人は集まらないので、負のスパイラルになってしまうと思う。

承認欲求を解消するには、なんか物を作って発表する、ってのが一番手っ取り早いと思うので、とりあえず動画投稿をするのじゃ、始めるのじゃ。

わたしは動画投稿者の前に視聴者なので、みなさんが動画を作る日を楽しみにしています。

なんだか投げっぱなしになってしまっているけど、今日はこの辺で。それでは、また。