モダン部族デッキシリーズ:赤単ゴブリン

モダンの部族デッキ特集その1。今日はゴブリンデッキの紹介です。

まずはデッキリストから

生物34
《ゴブリンの先達》4
《鋳造所通りの住人》4
《軍勢の忠節者》3
《ゴブリンの奇襲隊》4
《モグの戦争司令官》4
《ゴブリンの群衆追い》2
《ゴブリンの酋長》4
《ゴブリンの熟練扇動者》2
《無謀な奇襲隊》3
《猿人の指導霊》4

呪文9
《ゴブリンの手投げ弾》4
《稲妻》4
《大群の怒り》1

土地17
《山》17

ゴブリンデッキはとってもシンプルなデッキです。

とりあえず出して、殴る。出して、殴る。

ゴブリンがたくさん戦場に並んだら、《ゴブリンの奇襲隊》か《無謀な奇襲隊》で全体強化で一気に殴る。

トドメにいたいけなゴブリンを手投げ弾として投げつける。

これを繰り返していればある程度勝ちが狙える素敵なデッキです。

赤単ゴブリンは妨害呪文をほとんど持たないため、オールイン系のコンボデッキには大変辛い戦いを強いられてしまいますが、速さにリソースのすべてを振っているため、トロンのような初動の遅いデッキには異様な強さを誇ります。

ちょっとしたオリジナル要素として、《猿人の指導霊》を土地の代わりとして入れています。

今のモダンは高速環境のため、多少のアド損をしてでも打点を取ったほうがいい場面があるのでは?という妄想と、おしゃれピン刺し枠の《大軍の怒り》との相性を考えて入れてみました。

実際は…使ってみてのお楽しみって感じですかね。

唯一の高額カードと言っても過言ではなかった《ゴブリンの先達》が、今回モダンマスターズ2017で再録されたので、これを機にゴブリンデッキを組んでみるのはいかがでしょうか?

ゴブリンは人気クリーチャータイプなので、頻繁にスタンにも新カードが登場するので、一度作っても定期的なアップデートが望まれるのが良いところですね。

この記事が新しくモダンに飛び込む方のきっかけになれば幸いです。

今日はこの辺で。それでは、また。