《反逆の先導者、チャンドラ》の奥義発動タイムアタック~多分これが一番早いと思います。~

2017年1月9日

多分これが一番早いと思います。

前々回前回に引き続き、またもチャンドラの奥義タイムアタックについての記事です。

またかよ、っていう感想はコメントにでも残していってください。

《反逆の先導者、チャンドラ》という今回のカラデシュ最高額カードがあります。

どの能力も汎用性があり、それでいて奥義は必殺級。プラスでアドやテンポを稼ぎつつ、小マイナスで盤面も制圧可能。

4マナプレインズウォーカーとしては最強クラスと言っても過言で無い《反逆の先導者、チャンドラ》を、皆さんはおそらく真っ当な方法で使っていきたいと考えているんじゃないんでしょうか?

そういった堅実な発想は他の誰かがまとめてくれると思いますので、自分は《反逆の先導者、チャンドラ》の奥義をいかに早く打つか、ということに注力していきたいと思います。

で、考えたのがコチラ。

1T:ランドセット、《活性機構》プレイ

2T:ランドセット、なんらかのマナクリをプレイ

3T:ランドセット、《ギデオンの誓い》をプレイ

4T:ランドセット、《反逆の先導者、チャンドラ》プレイ [+1]で(R)(R)発生、マナクリから(1)を発生 《活性機構》起動
→この時点で《反逆の先導者、チャンドラ》の忠誠度カウンターは7(初期4+ギデオンの誓い+活性機構+プラス能力)

5T:《活性機構》起動、《反逆の先導者、チャンドラ》の奥義発動

といった具合です。

なんとこのルートで回ると、《反逆の先導者、チャンドラ》は、奥義を打ちつつ生存することができるんですね。

ナンテコッタイってくらい実用性を帯びてきました。

《ギデオンの誓い》は忠誠度カウンターが1増えた状態で場に出せる上、トークンで《反逆の先導者、チャンドラ》自体を守ることができるので、かなり相性が良いんじゃないんでしょうか。

現状公開されているカードの組みあせでは、多分これが一番早いんじゃないかと思っているんですが、どうですかね?

奥義タイムアタックは別としても、赤と白の組み合わせであれば、ギデオン、ナヒリ、チャンドラと優秀なプレインズウォーカーが多いので、割りとやってくれそうな気配があります。

ロマンの域は出ませんが、高額カードをあえてジョニーチックなデッキに組み込んでやりたいですね。

今日はこの辺で。

それでは、また。

追記

2016/9/14 奥義タイムアタック更新しました。4ターン目に奥義打てます。詳しくは次回へ。