《機械医学的召喚》を有効活用できないか考えてみる会

2017年1月9日

同タイミングで公開された神チャンドラのせいで全くと言ってもいいほど話題にならなかった面白神話エンチャント枠の《機械医学的召喚》を今日は考察していきたいと思います。

この液体金属感がカラデシュっぽくなくて良いですね。テゼレット感がありますね。異世界ならではのフレーバーです。

とりあえずでテキストを見ていきましょう!

《機械医学的召喚》 (3)(U)(U)
エンチャント

あなたがインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、無色のX/Xの構築物・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。Xはその呪文で見たマナ・コストに等しい。
(3)(U)(U),~を追放する:あなたの墓地からすべてのインスタント・カードとソーサリー・カードをあなたの手札に戻す。この能力は、あなたがアーティファクトを6つ以上コントロールしている時にのみ起動できる。

マナコストさえ見なければめちゃんこ強い誘発能力ですね。エンチャントの弱点である、複数引いたら弱いっていうのもなさそうなので、かなりやってくれる気配はあります。

金属術×2の条件が必要なので、ほとんど使うことは難しそうですが、下の能力が決まればゲームエンドです。

とはいえ、5ターン目以降に、唱えただけでは何もしないカードを置く余裕が有るかどうかが、このカードの試される部分でしょうか。

単体では機能しないカードなので、ではどんなカードと組み合わせれば強いか考えてみましょう。

《水の帳の分離》

最有力候補の1枚。マナカーブも綺麗だし、決まれば6/6を場に出しながらエクストラターン。もっと言えば、覚醒で唱えたら6/6が2体場に並ぶという、エグい状況になってしまいます。

《乱動の握撃》や《比較分析》のような怒涛カード

見た目上のマナコストが高いカードを使うことで、大きいアーティファクトを場に出すことが可能。決まれば強いが単体のカードパワーが低い。怒涛のカードで一番強い《押し潰す触手》との相性が最悪すぎるのが悲しい…。

《瓶詰め脳》

知人案。上記リストのカードをまとめることができるのが強み。《瓶詰め脳》自体がアーティファクトなので、2倍金属術の達成にも後見が可能。

《詮索好きのホムンクルス》+《貪欲な読書家》

インスタント・ソーサリーのマナコストを下げることができるのと、自身の変身能力との相性がグッド。

《呪文萎れ》や《即時却下》のようなカウンター呪文

相手のアクションに依存してしまうのが弱いところだが、カウンターがそのまま勝ち手段に繋がるのが魅力。

 

ざっとリストアップしてみましたが、こんな感じでしょうか。

青単体で使うのはやや厳しい印象があるので、他のカラーと組みあわせるとよさ気ですね。

いやあ、《宝船の巡航》があれば最高だったんだがなー!

自分の力量ではデッキにまで昇華できそうにないので、だれか後を継いでくれ!

お願いします!

今日はこの辺で。それでは、また。