《見事な再生》は《迷路の終わり》デッキのマスターピース

ともすれば異界月で最も下環境に影響を与えうるかもしれないカード、《見事な再生》。

墓地にある土地カードをすべてタップ状態で戦場に戻してくれます。

つまりタップインした土地をアンタップしてくれる《精力の護符》があれば、このカード、実質フリースペルのマナ加速ってわけですね。

勝手に墓地に落ちていってくれるフェッチランドの相性はもちろんのこと、墓地肥やし系デッキでも活躍してくれることまちがいなしです。

《ゴルガリの墓のトロール》がモダンで解禁されたのも追い風ですね。

で、土地を戻して何がしたいかといいますと、そう、迷路の終わりです。

Maze’s End / 迷路の終わり
土地

迷路の終わりはタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(3),(T),迷路の終わりをオーナーの手札に戻す:あなたのライブラリーから門(Gate)カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。あなたが異なる名前の門を10個以上コントロールしているなら、あなたはこのゲームに勝利する。

Amulet of Vigor / 精力の護符 (1)
アーティファクト

あなたのコントロール下で、パーマネントが1つタップ状態で戦場に出るたび、それをアンタップする。

要するに、10種類のギルド門を発掘で墓地に叩き落としつつ、頃合いを見計らって《見事な再生》で全部盤面に戻しつつ、《精力の護符》でアンタップさせてゲームを終わらせてやろうという発想です。

土地自体が勝ち手段であるメイズエンドにとって、《見事な再生》は完全にマスターピースというわけですね。

このデッキの問題点は、勝ち手段が迷路の終わりに依存しきっているので、《見事な再生》が打ち消されたあとのプランも考えないといけませんね。

また、墓地に叩き落とすことが前提になるので、うっかり《見事な再生》が落ちてしまった時のサイドプランとして、《壌土からの生命》などで回収することが必要そうです。

あとは《探検》など土地を追加でおけるカードや《原始のタイタン》のような土地サーチクリーチャーが必須ですかね。

イニストラード-ラヴニカブロックをメイズエンドで駆け抜けた自分にとって《見事な再生》は、モダンでも夢が見れる素敵なカードです。わくわくします。

迷路の終わりデッキならこのカードもおすすめだぜ、という方は、@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。

追記

頂いたアドバイスを元にデッキレシピを書いてみました。

参考までにこちらからどうぞ。