【悪魔と踊る】デビルとダンスった衝撃で震えたい【衝撃の震え】

《衝撃の震え》デッキの要であった、《軍族童の突発》が居なくなって幾星霜。

トークン生成はエルドラージの十八番となり、《鞭打ちドローン》の登場により、衝撃の震えデッキもエルドラージの侵食を許すことになったかと思われた。

しかしここはあの伝説的デビル、ティボルト様のイニストラード。一癖も二癖もあるデビルたちが、我々プレインズウォーカーを歓迎してくれた。

今回考察するのは、《悪魔と踊る》を主軸に据えたソリューションデッキ。

Dance with Devils / 悪魔と踊る (3)(赤)
インスタント

赤の1/1のデビル(Devil)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。それらは「このクリーチャーが死亡したとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはそれに1点のダメージを与える。」を持つ。

今、赤いインスタント・ソーサリーはあらゆる場面で《紅蓮術師のゴーグル》との相性を検討されています。

コピーのしやすさ、したあとの影響力、コピーしなかった時の強さ、それらを検討した結果、《悪魔と踊る》は今をときめくゴーグルコントロールに内定が決まりました。

衝撃の震えがある状態で悪魔と踊ると、出て2点、死んで2点と、2倍の効果を叩き出すわけです。そこにゴーグルの能力を使うことで、出て4点、死んで4点と殺意がグイグイ高まるわけですね。

さらに《悪魔と踊る》の2倍の効果を持つ《悪魔の遊び場》を上記条件で唱えると、なんと出て8点、死んで8点と、対戦相手が消し飛ぶこともうけあいです。

バーンとの違いは、クリーチャーが戦場に出ることです。これにより、バーンなのにプレイヤー自身を敵クリーチャーから守ることができるわけですね。

しかもデビルのPIG効果はクリーチャーにも飛びますので、厄介なシステムクリーチャーを焼き払うこともできるわけです。

完全に攻防一体。これはもう負ける気がしません。

思えば今の環境には《霊魂破》もあるから、マナさえアレばデビルと死ぬまでエンジョイできるんだ。そう、マナさえアレば….。

ところでデッキビルダーっていつも「マナさえアレば」ってつぶやいてますよね。

それはさておき、僕と一緒に異界月のワルツで悪魔とダンスっちまおうぜ。

 

とまあ世迷い言を勢いで書ききってみた。本当は前回好評だった《謎の石の儀式》も交えたかったんですが、デッキになる気配がなかった。

次は瓶詰め脳の可能性についてあれこれ書く予定です。

それでは、また。