【MTG】イニスト以後のキテオンが強すぎる【ORI-SOI】

この記事はSCGの生放送を見ながら書いていました。

しっかし大活躍だな!キテオン!

イニストラードを覆う影でサリアの副官やスレイベンの検査官という相棒を手に入れたキテオンがここに来て存在感を表している。

フィーチャーマッチみてるとキテオンが出てこない試合がないんじゃないかってくらいの登場率。

Kytheon, Hero of Akros / アクロスの英雄、キテオン (白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

戦闘終了時に、この戦闘でアクロスの英雄、キテオンと少なくとも2体の他のクリーチャーが攻撃していた場合、アクロスの英雄、キテオンを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
(2)(白):ターン終了時まで、アクロスの英雄、キテオンは破壊不能を得る。

2/1
Gideon, Battle-Forged / 歴戦の戦士、ギデオン
〔白〕 プレインズウォーカー — ギデオン(Gideon)

[+2]:対戦相手がコントロールするクリーチャーを最大1体まで対象とする。それのコントローラーの次のターン中、そのクリーチャーは可能なら歴戦の戦士、ギデオンを攻撃する。
[+1]:クリーチャー1体を対象とする。次のあなたのターンまで、それは破壊不能を得る。そのクリーチャーをアンタップする。
[0]:ターン終了時まで、歴戦の戦士、ギデオンは破壊不能を持つ4/4の人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。これはプレインズウォーカーでもある。このターン、これに与えられるすべてのダメージを軽減する。

主な使いみちを見てみると、カンパニー型のアグロか白単のウィニーに差し込まれている感じ。

表面では小型のウィニークリーチャーとして十分な性能を備えているし、裏返れば4/4の破壊不能に大化けするクリーチャーが弱いはずないんだよなあ…。

以外に[+2]で相手のブロッカーをどかす動きがエグかったり、押し込まれそうなときは[+1]で無理やりしのいだりと、アドそことれないけどエグい動きが強い。

永遠の見守りのおかげで白ウィニーがデッキとして成立したのが一番の追い風か。

1ターン目に1マナ2/1、2ターン目にも1マナクリーチャーを2体展開し、3ターン目に永遠の見守りで大打撃与える流れがシンプルにエグい。

青をタッチしていれば、反射魔道士でじゃなカードをどかしつつ、ダメージとテンポを取りにいけるのもいい感じにエグい。

石の宣告とかいう万能除去のおかげで突破力上がったのも大きいね。

ほとんど白に寄せ、優秀な友好色ランドを駆使してバントにするデッキが一番対応力高くい感じかな。

白に寄せても白蘭の騎士で多色地形を持ってこれるし、白蘭自信が見守りでによって3/2先制攻撃警戒に化けるのがシンプルに強すぎた。

盤面が膠着しても、オーメンダール(ウェストヴェイルの修道院)からトークンやフィニッシャーを呼び込めるようになっているので、長期戦にも強くなったのもでかすぎる。

なんにせよ、新環境で新しいカードがどんどん活躍するのが面白いねえ。