【MTG】薄暮見の徴募兵の潜在能力がヤバイ

イニストラードを覆う影、イケメン黒人枠の薄暮見の徴募兵が強い。

この記事もSCGの生放送を見ながら書いています。

昨日の記事でキテオン入りのデッキが強い、ということを書きましたが、その影の立役者は薄暮見の徴募兵だったんじゃないかと思います。

もちろん軽量クリーチャーや集合した中隊が例のデッキの中核にあったのは間違いないですが、試合を眺めていると薄暮見の徴募兵が中盤から終盤にかけて活躍している印象がありました。

Duskwatch Recruiter / 薄暮見の徴募兵 (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior) 狼男(Werewolf)

(2)(緑):あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを見る。あなたはその中からクリーチャー・カードを1枚公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、薄暮見の徴募兵を変身させる。

2/2
Krallenhorde Howler / 爪の群れの咆哮者
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)

あなたがクリーチャー呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、爪の群れの咆哮者を変身させる。

3/3

薄暮見の徴募兵自体のパワータフネスは表も裏も平均的なものしかありません。

表でリソースをかき集めながら変身し、裏面のマナコスト軽減で大量展開してまた表面に戻る、というのが一般的な使い方でしょうか。

高速のデッキはリソースの消費が早いので、中隊以外にもアドを取れるカードがあるとデッキとしての厚みが出てくる感じです。

薄暮見に加え不屈の追跡者も加わったので、中隊デッキが息切れとは無縁のアグロになりつつあります。

中隊以外は高いカードが今のところ入っていないし、リソース管理やコンバットの勉強にもなるので、初心者にも上級者にも楽しいデッキになっています。

値段に関しは、これを書いている現時点では安いっていう話ですけどね…。

多分サリアの副官とキテオンと不屈の追跡者はガンガン値上がりしちゃうんだろなあ。

薄暮見の徴募兵がアンコモンじゃなかったらエライコッチャしたろうなあ。

最近高騰のペースが半端ないよ。。。