【MTG】「十三恐怖症」で勝つために必要なパーツ

ジョニーの末裔として十三恐怖症デッキは組まないといけないという強い自負がある。

ただライフ操作を考えた時に、一番強い色はなんだろうかと考えた結果、オルゾフカラーだという結論に達した。

まず、ライフの回復は白色が、相手のライフドレインには黒色が、除去は両色ともに得意としているし、そしてなによりダメージランドが使える。

それにズーラポートの殺し屋や敬虔な福音者のような血の芸術家的能力を持つクリーチャーも多い。

十三恐怖症デッキを使って一番避けたいことは、自分のライフが十三点をになってしまいゲームに敗北するということだ。

その上で、相手のライフをちょうど十三にしないといけない。十三恐怖症デッキは7点削った状態でどうにか例のエンチャントを置く必要がある。

勝利条件以外ではマナレシオがボロボロの4マナエンチャントに4枚スロットを割かないといけないことを考えると、エンチャント以外で相手を殺しきることは不可能だと思う。

もっと言うとうまい具合に相手のライフをコントロールしないといけないので、盤面以外にもコントロールしないといけない要素があるわけだ。

十三恐怖症デッキでもっとも強力なカードは、もちろんソリンだ。

まさかイニストラードの支配者も、こんなネタエンチャントに借り出されるとは思っても見なかったろうが、その忠誠度能力はあまりにもこのデッキでは魅力的だった。

十三恐怖症のような、一枚のカードをテーマにしたデッキだとどうしても勝ち筋が限定されてしまうため、除去とリソースの回復、ライフの回復、そしてうまく行けばそのままフィニッシャーにもなりうるソリンは貴重だ。

ただ勝ち筋がソリンと恐怖症だけでは物足りない。ここまでライフ回復を行うのであれば、また別の方向の特殊勝利条件、フェリダーの君主も入れよう。どうせライフ回復を狙うのであれば、永代巡礼者、アイリも入れよう。

おっと、なんだか強そうな?デッキになってきたぞう。というわけでレシピのたたき。

 

十三恐怖症4
死の宿敵、ソリン2
治癒の手2
荒野の確保3
呪文11

ズーラポートの殺し屋4
アラシンの僧侶4
永代巡礼者、アイリ3
敬虔な福音者3
異端の癒し手、リリアナ2
フェリダーの君主3
搭載歩行機械4
クリーチャー23

土地26(ダメージランド、オーメンダール)

 

除去がソリンとアイリしか無いことを除けば結構強いデッキなのでは?
あんまりにも脆いようなら調整版名誉回復の苦渋の破棄や石の宣告を入れることだってできるし。
さすがにこのまんまとは言わないけれど、それなりに戦えるデッキな気がする。
どうでしょうか?