《老いたる者、ガドウィック》について【1日n枚カードレビュー】

老いたる者、ガドウィック (X)(青)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)
老いたる者、ガドウィックが戦場に出たとき、カードをX枚引く。
あなたが青の呪文を唱えるたび、対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とし、それをタップする。

3/3

マナコストにXが含まれているのに、戦場に出たときにはXを参照するカウンターなどが無い不思議なクリーチャー。いやまあ、ルール改訂読むまではXを参照できないとダメってことをしらなかったんだけどね…

3マナ3/3、タッパー能力持ちとして運用しても悪くは無いが、出来れば2ドローくらいはしたいところ。

このカードは《ハイドロイド混成体》と異なり、CIPでカードを引くため、カウンターされたら全ておじゃん。

その代わりドローできる枚数は結構違うので、《時を解す者、テフェリー》と一緒に使うのが吉か。

タップ能力のことを考えると、攻防に優れるクリーチャーという印象だけど、使う分にはもっさりしているので工夫が必要そう。老いたるというのはそういうフレーバーなのかな?

今はマナ基盤が強いわけでもないので、多色で使うには度胸が要りますが、今の環境でLO以外の青単を組んでもなあという気持ち。

まあ、LOで使うのがベストって感じですかね。

記事の最後に適当なアフィリエイトを貼り付けるのが趣味なんだが、ふつーにこの土地スリーブ欲しいわ…