《優雅な鷺、シガルダ》が現環境にぶっ刺さっている件について

2017年1月9日

ああ、《約束された終末、エムラクール》のキャスト誘発を防げて、《衰滅》で押し流されず、《闇の掌握》、《究極の価格》を躱せ、《大天使アヴァシン》を一方的に倒せ、プレイヤー自身を火力から守れるフィニッシャーいないかなー!(白目)

という文章にしたら酷すぎるワガママを、思わぬカードが具現化してくれました。

今日取り上げるカードは《優雅な鷺、シガルダ》です!

Sigarda, Heron’s Grace / 優雅な鷺、シガルダ (3)(緑)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行
あなたとあなたがコントロールする人間(Human)は呪禁を持つ。
(2),あなたの墓地からカードを1枚追放する:白の1/1の人間・兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

4/5

バントカンパニーが少しだけ鳴りを潜めている今、一周回ってこのカードがかなり強い気がしてきたんですよね。

個人的にはイニストラードを覆う影のプレスリリースでこのカード1枚に完封されたくらいしか印象になかったんですが、テキストを読みなおすとかなり今の環境にあっているかなって思うんですよね。

まず、緑黒昂揚が頼りきっている《闇の掌握》、《衰滅》をあっさり躱すことができます。また、赤青幻視系デッキに関しては、プレイヤー自身が呪禁を持つので、焼き殺される心配は一切なくなります。

《稲妻の斧》以外では焼かれないので、かなり信頼感が有ります。また、赤緑ランプ系の切り札、《約束された終末、エムラクール》の精神隷属器的効果は弾けるので、五分五分とまではいきませんが、ある程度被害を抑えることも可能です。

昔のシガルダと違ってシガルダ本人には呪禁が備わっていないので、どこかでサポートする必要はありますが、本人のパワータフネスやトークン生成能力もなかなか強力なのが魅力ですね。

人間トークンを生み出せるのと、人間に呪禁を付与する効果から、どうしても人間系デッキに入れたくなりますが、ここはあえて以前紹介したアブザン昂揚とかでも使ってみたいところ。昂揚は4種類だけ墓地にアレばいいので、ガンガン墓地に落とすデッキだと、トークンの弾には困らなそうですし。

トークン生成と呪禁付与でプレイヤーが致命傷を負うこと防ぎつつ、対戦相手に回避能力からダメージを与えたいところ。

ここで壁になるのは《墓後家蜘蛛、イシュカナ》ですが、これをどうにかできればいいですね。緑白トークンでお馴染みの《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》でパワーを5に持っていければ、少なくとも相打ちまでは持っていけるんですが、2枚使って相打ちってのはやや厳しい。

いやあ、本当に《墓後家蜘蛛、イシュカナ》さえいなかったら無問題だったんですがねー。なにげにマナ域かぶっているのも辛いところ。トークン戦術だけするなら《墓後家蜘蛛、イシュカナ》の方がずっと優秀ですからね。

《優雅な鷺、シガルダ》には《墓後家蜘蛛、イシュカナ》にはない回避能力とプレイヤーへの呪禁を活かしてあげたいところ。

どちらにせよ、これ以上赤青幻視が流行るのなら、サイドボードに積むことは検討しても良いんじゃないんですかね。

《優雅な鷺、シガルダ》について思うことがある方は、コメントなどでお待ちしております。

それでは、また。


PAGE TOP