社会人、出汁を取る。

朝は6:30に起きて、7:00には家を出る。

7:30から8:00くらいの間に出社して、仕事を始める。

仕事が終わる時間は日によって異なるが、19:00までには終わらせることを心がけている。

スーパーに寄ったりもするので、20:00頃家に着く。

スーツから部屋着に着替えたら、エプロンに袖を通して晩御飯を作る。

平均的に15分程度で作り終えることが多い。

基本作るのは主菜(炒め物等)と副菜(サラダや蒸し物)だけなので、あまり時間はかからない。

お酒が好きなので主食は稀にしか食べない。

遅くとも21:00には晩御飯を終わらせるようにしている。

23:00には寝るようにしている。

帰宅してから寝るまでの時間は約3時間。

この3時間が可処分時間である。

食べることが好きなので、可能な限り美味しい物を食べたい。

飼い猫・読書・ゲームのことを考えると、これ以上可処分時間を減らしたくない。

導き出される結論。それは自炊に時間を掛けず美味しい物を食べる方法。

シンプルな調理方法でも大抵の物は美味しい。

だが手間をかけた料理は一層美味しい。

つまり、ちゃんと出汁を取った料理の方が美味いのではないか。

別に味の素でいいじゃないかと思ったが、ああいうチートに頼り始めると、今度はクックドゥに頼るようになり、さらには中食に頼るようになり、そのうち外食が主力になってしまう。

自分の本質は怠惰なので、少し怠けるとそのまま奈落の底まで怠け切ってしまう。

だから出汁を取ることにした。取ってみた。

美味かったが面倒だった。

家に帰ってから出汁を取りつつ他の料理を作るのは、少し大変だった。

風味をしっかり出すには、ちょっと時間がかかることに気づいた。

私は朝は6:30に起きて、7:00には家を出る。

この30分を有効活用することにした。

とりあえず、水を張った小鍋に干し椎茸と出汁昆布を放り込んでみた。

仕事を終わらせ、家に帰ってきた。

20:00だった。

小鍋を火にかける前、お玉で出汁を掬って飲んでみた。

美味しかった。これに塩気を足したらラーメンになりそうだ。

もう少し風味を強くしたかったので、弱火で沸騰する直前まで加熱した。

過熱している間、簡単なサラダを作り、鶏もも肉と玉ねぎを一口大に切っておく。

沸騰する直前の鍋から昆布としいたけを取り出して、そこに鶏もも肉と玉ねぎを入れた。

醤油とみりんと砂糖を加えて煮込んでいく。

煮込んでいる間、しいたけは適当なサイズに切り出して、バターと醤油で炒めておく。

具材に火が通ったら溶き卵を入れて蓋をした。

卵が半熟になったら親子煮を取り出した。

机に並べる。

親子煮としいたけのバター醤油炒めとサラダを肴に酒を飲んだ。美味しかった。

所要時間も15分ほどだった。

その後少し遊び、身支度をし、23:00頃眠りにつき、朝は6:30に起きた。