【安価モダン】最速先手2ターンキル!?《繁殖力》ゴブリンストームの紹介【デッキリストあり】

2018年6月13日

お久しぶりです。しゃみおつぜみです。

前回から大分期間が空いてしまいましたが、新しい安価モダンデッキの紹介です。

3ターン目にライブラリーをすべて引き切り、有り余るマナから相手を焼き払うことも出来るすごいデッキです。

とにかくドローしたい人や、ゴブリンの新しい形を試してみたい方にお勧めです。

まずはデッキリストから

生物26
《野生の朗詠者》2
《スカークの探鉱者》4
《ゴブリンの奇襲隊》4
《モグの狂信者》4
《狂信的扇動者》4
《モグの戦争司令官》4
《猿人の指導霊》4

呪文18
《ゴブリンの手投げ弾》2
《魔力変》4
《業火への突入》4
《繁殖力》4
《巣穴からの総出》4

土地16(余裕があったらフェッチランドがおすすめ。無いならペインランドとか)

これだけだと何をするデッキなのかいまいちわかりにくいかと思いますので、使い方を解説します。

まず、このデッキの核となるのは《スカークの探鉱者》と《繁殖力》です。

自らマナになれる《野生の朗詠者》を除き、すべてのクリーチャーがゴブリンのため、《スカークの探鉱者》でマナに変換することが出来ます。

また、《モグの戦争司令官》を除いてすべてのゴブリンは1マナのため、《繁殖力》が戦場にある場合、すべてマナを減らさずキャントリップすることが可能です。

そうやってドローを続けたら、《猿人の指導霊》から《モグの戦争司令官》に繋げます。

《モグの戦争司令官》は2マナで3ドロー3マナ発生を行えるため、次の火種になります。

これらを繰り返しつつ、《業火への突入》で何でもいいのでゴブリンを生贄にして3マナを発生させ、《巣穴からの総出》に繋げます。

ここまで稼いだストームカウント*2だけゴブリントークンが戦場に出るので、それらをさらにマナと手札に変換します。

その後再度《巣穴からの総出》に繋げ、余ったマナで《ゴブリンの奇襲隊》で全体修正速攻付与でゲームセットです。

先手後手問わず、3ターンキルを狙えるのがこのデッキの強みです。

レアケースですが、先手2ターンキルも狙えるナイスデッキです。

前提:戦場に《スカークの探鉱者》があり、土地が2枚ある

①《モグの戦争司令官》を唱える。→《モグの戦争司令官》をマナに変換し、トークン発生。

②片方のトークンに《業火への突入》を唱える。

③《魔力変》から《繁殖力》を戦場に置く。→残ったゴブリントークンをマナに変換&ドロー。

先手の場合、残り手札は3枚なのでここから1マナゴブリン群をマナと手札に変換を繰り返し、《猿人の指導霊》と《モグの戦争司令官》を引くのを待つ。すると①に戻るのですが、今度は手札が増えるため、余ったマナを《巣穴からの総出》につぎ込みます。

後は大量に出てきたトークンをマナと手札に変換しつつ、《ゴブリンの奇襲隊》を引くのを待ちます。→先手2ターンキル達成です。

が、実際は土地を引いた場合や1マナしかプールに無い状態で《魔力変》か《巣穴からの総出》か《ゴブリンの手投げ弾》を連続で引いた場合が裏目になるのでそこまで確実に決まるものでは無いです。

場に《繁殖力》が無いなど、どうやっても確殺出来ないときは、なんとしてでも《巣穴からの総出》に繋げると良いです。あとは《ゴブリンの奇襲隊》が何とかしてくれます。

ちなみにモグファナ系のクリーチャー(《モグの狂信者》、《狂信的扇動者》)を8枚体制で採用しているのは、《繁殖力》があって《スカークの探鉱者》が無い状態で少しでもドローを進めるためです。

《モグの戦争司令官》が生み残したトークンなどを生贄に捧げつつ除去することで、2ドローすることが出来るためです。

《ゴブリンの手投げ弾》は強いですがノイズにもなりうるので難しいカードです。

《巣穴からの総出》ルートでは大変頼りになるのですが、あえて入れる必要もないかもです。

作ったのが昨夜(2018/6/11)なので、まだまだ作りこみが甘いですが、なんだか可能性がありそうなデッキなので、もうしばらく使い続けようと思います。

ちなみにこのデッキ、お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、殆どコモンだけで構成されています。そのため、今までの安価デッキの中では群を抜いて安いんですよね。

そのため、このデッキの廉価版を作成し、巷で流行りの5tix構築に参入しようと思います。

また次回記事にしますので、よかったら見てくださいね。

今日はこの辺で。それでは、また。

追記

《魔力変》との互換で《ずる賢いゴブリン》が良いのではと思った。

試してみます。